野草酵素と万田酵素 ~ 野草酵素@若さと健康維持に効く酵素ランキング!


main_top
今すぐチェック

野草酵素と万田酵素

酵素が健康を維持したり美を手に入れたりするために必要不可欠だと知られるようになってから続々と酵素に関連したサプリメントやドリンクなどの栄養補助食品が出てきました。

熱に弱い酵素は通常の食事から取り入れるのはなかなか難しいので、こういった健康補助食品を利用して効率良く摂取することが現代人には必要になってきているのかもしれません。

さて野草酵素ですが、こちらはドリンクタイプと顆粒タイプが用意されているので、ドリンクタイプは苦手だと思っている人でも安心して取り入れることができるかもしれませんね。

もちろん逆も同じことが言えます。

一方の万田酵素ですが、こちらは小さな袋に必要分だけ詰められているので、飲みやすさでどちらの酵素を選択するか選んでも良いでしょう。

タイプよりもどんな成分がどのくらい含まれ、そしてどの程度の発酵を経て酵素が生み出されているのかを重要視する人も多いと思います。

野草酵素は野菜や果物、そして名前の由来ともなっている野草がトータルで実に66種類も含まれているそうで、そこにより良い発酵を促すために不可欠な乳酸菌や酵母菌なども50種類以上加えられて製造されています。

そして発酵や熟成にかけられる期間は1年2ヶ月となっています。

ちなみに野草酵素に使われている原料は例えばキャベツや小松菜、トマトや人参、ブロッコリー、ほうれん草などがあり、果物ではイチゴ、バナナ、リンゴなどが含まれています。

野草としてはウコン、カンゾウ、ヨモギ、ハトムギ、ツユクサなどなど、他のジャンルのものよりもこの野草の種類がとにかく豊富なのが野草酵素の特徴と言えるでしょう。

それに対して万田酵素は53種類の原料によって作られています。

こちらは果物系が最も多く含まれているのが野草酵素との明確な違いだと思います。

山桃、カボス、イチチグ、アケビ、山ブドウなどが含まれているので、果物を食べる機会がない人にとってはとても重宝する栄養素が詰まっているのかもしれません。

他にも根菜類やゴマ、豆、海藻や黒糖が含まれており、野草酵素と比べると原材料自体の数は少ないのですが、ジャンルで言えば少し多めと言えます。

そして万田酵素の熟成・発酵は3年3ヶ月という長さも特徴でしょう。

長ければ良いというわけではありませんが、じっくりと栄養素がにじみ出ていることは大いに感じさせてくれます。

ただ野草酵素はドリンク状なので、栄養素をダイレクトに体内に入れることができるというメリットを持っている点は無視することができないでしょう。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 野草酵素@若さと健康維持に効く酵素ランキング! All Rights Reserved.

ダイエット・コスメをクチコミでチェック